« 2回目の動物病院 | トップページ | はじめまして♪ »

卯聡の旅立ち

 7年余り一緒に生活してきたうさぎの卯聡が、10月14日に旅立ちました。

2007_11190037_640x480


 今年の夏、7歳を過ぎて急に弱ってきた卯聡でしたが、遂に力尽きてしまいました。

2007_11190046_640x480

 気が小さくて甘えん坊でわがままな私に良く似た子でした。

 最後のほうは、病院通いが続きましたが、小さな体で良く頑張りました。

Dscf5425_640x480


 台風が通過していった日に亡くなった子がたくさんいたと、うさぎの専門店の人から聞きましたが、卯聡も気圧の変化に耐えられなかったのでしょうか、旅立ってしまいました。

Dscf5421_640x480


 どこにいても目が合うところにケージを置いていたので、ついつい卯聡のことを目で探している自分がいます。

 2日間、目がパンパンに腫れるくらいに泣いたあと、どうしても視界からうさぎがいなくなったっことに耐えられず、新しい子をお迎えすることにしました。

 卯聡には申し訳ないのですが、卯聡は私の心の中で生き続けているので、新しい子のお迎えを許してもらおうと思います。

 

 病気が酷い時も、命を絶たずに済んだのは、卯聡とぼろの2羽のうさぎのお蔭です。卯聡とぼろには感謝の気持ちでいっぱいです。

« 2回目の動物病院 | トップページ | はじめまして♪ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

そうですか~
旅立ってしまいましたか~(-´ω`-)シュン
私のココ友で、最近 ペットを相次いで失い
落ち込んでいた方がいます。
『ペットロス』ですね。
その方も新しい子を迎えようか迷っています。
ペットがいると癒やされますものね~
住宅事情で飼えない方もいますね。

ぼろさん自身の体調はいかがですか?
少しは落着きましたか?
弱っている時は風邪をひきやすいので
温かくしてお過ごしください。

病気でも何でもなく、
高い山への登山が平気でできる元気な人が
突然の噴火で亡くなってしまう。
人間の命も不確かなものですが、
それでも平均値で動物の命と比べれば
人間の方がずっと長いので
(ハムスターなんかだと
 2~3年だそうですね。)、
何度かペットとのお別れを
経験することになりますね。

考えてみたら、
卒業式で生徒を送り出す
先生みたいなものかもしれません。
どんなにかわいがった生徒でも
いつまでも一緒にはいられない。
また、新しい生徒を受け持ちます。
前の生徒と新しい生徒と
どっちがかわいいかとか、
そんなことは考えません。
目の前にいる生徒に
教えられる限りのことを教え
一生懸命にかわいがります。
そして、教えた生徒のことは
いつまでも忘れません。

あたらしいウサちゃんをしっかりと
かわいがってあげてくださいね。
お月様へ行ったウサギさんは、
焼き餅なんか焼きません。


ribbonエルザさん、うさぎさんさんへribbon

 早すぎる新しい子の迎え。ちょっと早すぎるのが
後ろめたい気がします…。

 でも、卯聡のいない家はあまりに淋しすぎて、涙が
あふれてしまいます。

 元気になるためにも、卯聡には申し訳ないのですが、
新しい子を迎える必要があったのです…。

 病気で一番落ち込んでいる時でなくて良かったです。
卯聡のこともぼろのことも決して忘れないし、いつまでも
心の中で生きているので、許して貰おうと思います。

新しい子の迎えについては、
卒業生を送り出して、
新年度になったら、新入生を迎える
学校みたいなものだと思ったらどうでしょう。

「3月に大事な卒業したばかりなのに、
4月にもう新しい生徒なんて。」
そう思う先生はいないのでは。

たとえば、ペットショップは小学校。
ぼろさんちは、中学校。
小学校で留年のままじゃかわいそう。

彼らには新しい飼い主に買われて
飼われることで、飼い主の心を癒やすという
学生の本分は勉強、みたいな使命があるのです。

その使命を全うさせてあげることが、
飼い主の使命ですね。

立派な先生というのは、
新しく担当した生徒に一生懸命になりながら、
卒業していった子たちのことも忘れません。

立派な先生、じゃなくて、
立派な飼い主になってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349883/57731382

この記事へのトラックバック一覧です: 卯聡の旅立ち:

« 2回目の動物病院 | トップページ | はじめまして♪ »