« 病院の予約 | トップページ | 初めての病院と牛の臭いの街 »

心療内科と精神科(病気の経過・1)

 最近自分でも物忘れが酷いと感じていいるので、今までの病気の経過を一回まとめておこうと思います。

Img_0040_480x640


発症:平成18年6月(?)  責任の重い仕事につき過労になっていた。同僚からは笑顔が無くなってきたと心配される。

自分で感じた異変:平成18年7月 クライアントからのいわれのないクレームで大声で怒鳴りつけられ、仕事中にもかかわらず泣いてしまう。

受診:家の近くのK心療内科を受診。主治医はT医師。

 社会人になって初めて、仕事中にもかかわらず泣いてしまうという行動をとったことで心配になり、近くの心療内科を受診する。うつ状態という診断で、パキシル3錠を処方される。

休職:平成18年9月 パキシルを服用するも、遂に朝になっても起き上がれなくなり、半年間の休職をすることになる。パキシルは4錠に。

 休職しても、気分の落ち込みや疲れやすさはなかなか抜けず、パキシルに加えてアモキサンを追加して飲む。さらに薬の副作用で腸の動きが鈍くなり、カマとエビオス錠を追加で飲むことに。

 機能性低血糖かもしれないと言うことで、甘いものと珈琲の摂取を止めるよう指導される。

Img_0051_640x480


  その頃は1日中薄暗くした部屋に籠って、横になっていました。唯一、パジャマの上にコートを羽織ってお化粧もせず買い物に行く以外は…。

 買い物と言っても、どうしても甘いものを食べるのを止められず、禁断症状のようにケーキを買いに行っていたのです。食事の買い物はできていませんでした。

 家事はほとんどできず、主人に頼り切っていました。

 1日にケーキを10個以上食べ、胃がパンパンに膨らんで苦しくてたまらないのにどうしても食べるのを止められず、主人がいない間に毎日のように食べていました。

Img_0039_640x480
 

 薬の量を増やしたこと、何もしないで休養をとったことで、少しずつ元気になってきました。

 時々自分なんていないほうがいいとか、このまま消えてしまいたいと思うことはありましたが、朝起きて着替えをしたり、昼間は起きていられるようになりました。

 心療内科に行くので外出する時はお化粧をするようになり、俯いてよたよた歩いていたのが、普通に顔をあげて歩けるようになりました。

 でも、この半年で15㎏以上体重が増えてしまいました。

 こんなつまらないことをブログに書いてしまって済みません…。自分の忘備録です。


 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

« 病院の予約 | トップページ | 初めての病院と牛の臭いの街 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ぼろさん、いきなり強いお薬を処方されたのですね。
まぁ、当時は ウツと云えばパキシルが有効でしたからね。
それにしても、強すぎでは・・・
しかも、アモキサンまで追加されて。
フラフラになりますよ。

当時の精神科医は、とにかく薬で抑え込む手法を
取っていましたから、患者は依存が強くなってしまうのです。

甘いものが欲しくなるのですよね。
これも、薬の副作用で脳が欲するようです。

続けて書いてください。
自分と向き合うのに書き出すことは良い事です。
色々とまとめる手助けをしてくれます。

heart04Elzaさんへheart04

パキシルってそんなに強い薬なんですか?
全然知りませんでした。

今、ちょっと低空飛行で、鬱に落ちそう
なので病気のことを自分なりに整理して
おきたいと思ったのです。

ブログを訪問してくださった方には迷惑
かもしれないのですが…。

迷惑なんてことはありませんよ。
ぼろさんのブログでしょう。
ぼろさんが自分の為に書く権利がありますよ(^^)v

今はウツにあまりパキシルは使わないと思いますが…
もっと良いお薬が出てきていますからね。
私もアモキサンを使ったことがありますが
フラフラになってしまったので怖くなって変えてもらいました。

今は、朝ドグマチールを1カプセル服用しています。
これが止められないのですよ~(>_<)
たった1カプセルなのに・・・
止めると不安になります。
依存ですね。
ドグマチールは元々胃薬なので、
胃弱の私には胃薬ですかねcoldsweats01

書けばいいんです。
迷惑なんかじゃありません。

ぼろさんが書いてくれれば、
ボクたちはそれを受け止めることができます。

要領よく生きられる人と、
そうはうまく生きられない人と
生き方は違っても
それぞれ自分にとって
かけがえのない人生です。
人の命も人生も
値打ちに変わりはありません。

人の命を尊ぶことができる人なら
人の人生も尊ぶことができます。

ぼろさんはボクの人生を尊んでくれますよね・
ボクもぼろさんの人生を尊ぶことができます。
もちろんElzaさんもそうだと思います。

うさぎさん!素晴らしいコメント( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ
やっぱり懐が大きい!
副会長とは大違いだわ~Σd=(・ω-`o)グッ♪

横から失礼しました(*・ω・)*_ _))ペコリン

ribbonうさぎさんさん、Elzaさんへribbon

 いろいろコメントをいただき、本当にありがとう
ございます。

 これからもよろしくお願いします♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349883/56613404

この記事へのトラックバック一覧です: 心療内科と精神科(病気の経過・1):

« 病院の予約 | トップページ | 初めての病院と牛の臭いの街 »