« やっと復活!! | トップページ | 微妙な日。。。 »

復職判定と復職の結果

Dscf5798

 復職判定のために、上司が一緒にクリニックに行くことになりました。

 前の上司は、一緒に行くことを面倒がっていたけれど、今回の上司は、労を厭わずにわざわざ来て話を聞いてくれるそうです。

 先生は、すぐに通常業務に戻るのは無理なので、はじめの1年は補助業務ができるように配慮して欲しいという意見でした。

Dscf5796

 でも、理解があると思っていた上司の口から出た言葉は「通常業務に就けない以上、あと1年の休職の診断書を書いていただくしかありません。」というものでした。

 先生は、暫く考えた結果、復職を認めることにしました。ただし、週に8~10時間の業務軽減をするように配慮するようにという診断書を添えてです。

 「あと1年、復職訓練を続けるのは、気持ち的にしんどいので、先生がだめだと言うかと思ったけど、本当に良かった。」と、上司からは言われました。

Dscf5802

 上司の具申書とクリニックの診断書からの判断で、会社は4月からの復職を認めてくれました。

 相変わらず、つきに2~3日は、生理休暇で休みながら、4月からの新たな社会人生活がスタートしました。

 新しいチームでは降格になりましたが、後輩のチームリーダーがとてもいい人で、たくさん迷惑を掛けたのに、気持ちよく仕事をすることができました。

 でも、やっぱり、途中でつらくなり薬を増やして乗り切ろうとしたのですが、1月の半ばになって、どうしようもなくなり、4回目の休職に突入する事になってしまったんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

    ↑

happy01今日も遊びに来てくださってどうもありがとうございます!!heart04

ribbonお帰り前に、ポチッとしてね♪ribbon

« やっと復活!! | トップページ | 微妙な日。。。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349883/34558949

この記事へのトラックバック一覧です: 復職判定と復職の結果:

« やっと復活!! | トップページ | 微妙な日。。。 »