« 昨日と今日は、過睡眠。。。 | トップページ | 明日は、通院日♪ »

最悪の日

 半月ほど前から、37度台の微熱が続き、大量の汗をかくこと、体がだるいのがなかなか良くならないことを心配して、主人が内科で一度見てもらうように強く言っていたのです。

 今日は、仕事が休みなので7時前から、受付の順番に並びに行ってくれて、近くの大学病院の内科に行ってきました。

 せっかく早起きして、順番取りをしてくれた主人には申し訳ありませんが、内科なんて行かなければ良かったです。

 9時の受け付けを済ませ、血圧を測った、問診表を書いて、だいぶ待ってから、呼ばれて診察室に入りました。

 年配の先生の第一声は

「それだけ太っていたら、体がだるくて当たり前」と言うものでした。

 2年ほど前、同じ病院で子宮筋腫から来る貧血で治療を受けていたので、それをどうしてやめたのか聞かれ、

「数値が安定してきたからです。」と応えたら、今度は、

「子宮筋腫自体無くなっていないだろ。」と怒られるし、これは婦人科の先生の診断でやめたことなのに…。

「だいたい自分がメタボだっていうのは、分っているだろ。」

「体がだるいのは、病気とかではなく太っているんだから当たり前だ。」

「何か運動はしているのか。」

「うつ病なので…。」(1月の半ばから、寝たきり状態で、疲れること(運動なども含む)をすることは、病院でとめられているんです。)と言おうとしたのに、

「そんなのは関係ない。少しは克己心をもって努力しなくては。」と、話を遮られてしまい、

「食わなきゃいいんだよ。」

「仕事はちゃんとしてるの?」

「休職中です。」

「仕事してないから太るんだよ。」

「一応、血液と尿の検査をしておくから、いつでもいいから結果を聞きに来て。」

 これで終わってしまいました…。微熱が続くことが心配で病院に行ったのですが、叱りつけるようにポンポンととんでくる先生の言葉と、形だけの診察に心が疲れてしまい、まるで、うつ病を言い訳にして食べたいだけ食べて、ダラダラしていると言われているような気持ちになってしまいました。

 病院を出るまでは、何とか我慢していたのですが、帰りの道では涙がぽろぽろこぼれて仕方がありませんでした。

 家に帰ったとたん、声を上げて泣いてしまいました。

 主人には、「そんなに泣いたら、ぼろちゃんたちがびっくりするよ。」って、慰められてけど、暫く泣き止む事ができず、目が腫れあがってしまいました。

 痩せなくちゃ、このままじゃいけない、仕事にちゃんと復帰できるように頑張ろうって、思っているのですが、「克己心がない」とまで言われ、何だかとっても悲しい日でした。

 まだまだ私の頑張りが足りないから、こんなに太っているから、はじめて会った人にまで言われちゃうんですよね。。。

 うつが酷かった時、ケーキを何個も何個も食べたのは、苦しくってもう食べられないってくらい胃が膨れても食べるのをやめられなかったのは、意志が弱いからなんです。。。

 お医者さんから、そう言われてしまうのだから、そうなんでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

   ↑

weepくだらない愚痴を聞いてくださって、どうもありがとうございます。weep

weepポチッとしてくださると、気分がupます。confident

« 昨日と今日は、過睡眠。。。 | トップページ | 明日は、通院日♪ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

酷い目に遭いましたね。
私の知る限り、大半のうつ病患者は太ります。
寝たきりで動けないこともあるでしょうし、
薬のせいでもあるでしょう。
※自分の先生(うつ病の薬にかけては国内の権威とも言われる名医)
によると「うつ病の薬で太ることはあるよ」と断言されます。
克己心が足りないというのは、うつ病のことをあまりにも知らない
発言と感じます。薬によっては、薬のせいで、食欲が増進してしまう
ケースもあるということを、その医者は知っているのでしょうか。
その医者の知識レベルに若干の疑問を持たざるをえません。

心配しなくても、病状が改善してくれば、体重は減ります(自分の
ブログの2010.3.6をご覧になってみて下さい)。たいした食事制限も、
たいした運動もなしで痩せているのです。

悲観することなく、病状の改善を目指してください。

kenjiさん、コメントを本当にどうもありがとうございます。
記事を読ませていただきました。ちょと気分が楽になりました。

まだ、気持ちの整理がついていないので、簡単なお礼だけで
申し訳ありません。。。

私も安定剤の副作用で、食欲が異常に亢進し、毎晩ハーゲンダッツを食べて寝るような生活を続けた挙句、9キロも太ってしまいました。
でも、その頃は食べることで不安を紛らわしていたんです。
どうしようもなかったんです。
そういうことを全然勉強していない内科の先生にそんな風にいわれて、さぞかし傷ついたことでしょう。
太りたくて太ったんじゃないのに。
でも、私も病状が安定してきたらドカ食いを止めることができました。
今ではダイエットに取り組んでいます。
5キロ痩せることができました。
あきらめないでダイエットにも取り組んでください。
ちなみに私は揚げ物を食べるのを止めました。

初めまして。おはようございます。
nonと言います。
うさぎを飼っていらっしゃるんですよね。
私も飼っているんです。
なので、時々お邪魔してポチ逃げしてました。

内科で酷い目に遭っちゃったんですね。
とっても辛かったでしょう。
そんな酷い医者がいるなんて、信じられません。
患者の気持ちになって、ちゃんと情報を見て、体の状態を聞いて、っていうのが本来の診察ですよね。
なにひとつやってないじゃないですか。
記事を読んで本当に腹立たしく思いました。
そしてそんな風に一方的に責められたぼろさんの気持ちを考えたら、コメントせずにはいられませんでした。
「意志が弱いから」ばかりじゃないでしょ。
薬の副作用や、精神状態にもよりますからね。
気持ちが回復できるように祈ってます。
ダイエットを始めようと思うなら、一気に無理をしちゃダメですよ。
少しずつ始めて下さいね。

オモダカ様、non様

 あたたかい励ましのコメントをいただき、どうもありがとうございます。
 やっと、立ちなれそうな気がして来ました。

 入院を薦められているので、入院したら少しは痩せられるのかなぁ~とか、いろいろ考えていますが、まずは、甘いものや脂っこいものを減らしていく努力をしようと思います。

その医師は無神経な上に無知ですね~。
大学病院って 私あんまり好きじゃないな~。
患者の立場になってくれる医師がいるんだろうか って
疑っているのかも。
私も20年前、坑鬱剤初めて飲み始めたとき太りました。
でも先生は薬のせいじゃないって。
薬は変えてもらいましたけど。
あとでよそで聞いたら やっぱり太る要素のある薬だったようですよ。

うさぎさんたちのこと、心配ですよね。
どうしたらいいんでしょうね・・

ゆーしゃんさん、コメントをいただき、本当にありがとうございます。
ブログを見た友達も、電話してきてくれたり、みなさんのあたたかさが本当に身に沁みた出来事でした。

結果は、聞きに行くのが怖いので(何を言われるのか…)、行かないかもしれません。

その代わり、入院して、食事もきちんと栄養士さんに管理してもらって、元気になろうかと思っています…。

でもね、卯聡とぼろが心配なんですが…。悩むところです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349883/34161589

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の日:

« 昨日と今日は、過睡眠。。。 | トップページ | 明日は、通院日♪ »